前立腺肥大や後遺症と女性用バイアグラのラブグラとは

泌尿器の病気でED(勃起障害)と関わりが深いもののひとつに、前立腺肥大症があります。
男性では加齢によって誰でも発症する可能性があります。

また、前立腺肥の外科手術の後遺症で勃起に関わる神経を傷つけてしまった結果、EDになることもあります。
骨盤内の手術を行うときには細心の注意が必要とされています。

男性の泌尿器の病気で最も多いのが、前立腺肥大症です。
通常の前立腺のサイズは栗の実ほどですが、これが加齢によってどんどん肥大していきます。
40歳頃から起こることが多く、60歳では6割、80歳では8割以上発症する確率が上がっていきます。

加齢に伴ってリスクが高くなるというのはEDと同じです。

前立腺肥大症を改善させることができればEDも改善効果が期待できるということで、どちらも同じ薬を用いることもあります。

ED治療に有効なのがバイアグラで、これはPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素の働きを選択的に阻害することで、血管拡張物質が壊されてしまうのを防ぎます。
すると血管が開いた状態になるので全身に血液が巡りやすくなります。

男性器周辺の血液も例外ではなく、ペニスの海綿体に血液がたくさん流れ込むようになることで、EDの症状を改善させることができます。

このバイアグラには、女性用の薬も登場しています。
ラブグラという名前で、女性の不感症やオーガズム不全などの性機能障害に適応されます。

効果は男性のバイアグラと同様で、全身の血液を巡りやすくさせることで、女性器やクリトリス周辺の血流をアップさせて感度を高めることができます。
膣にある毛細血管にも血液が流れ込むことで、膣液を多く分泌させてペニスの挿入をスムーズにさせる効果もあります。